ネットワーク監視のアルバイトをするために必要な能力とは?

ネットワーク監視のアルバイトって何するの?

ネットワーク監視のアルバイトの募集を、見たことはありませんか?これは24時間、そして365日常にパソコンに異常がないかチェックするバイトです。ネットに問題が発生した場合、パソコンに入っている専用のソフトがエラーを表示します。そのエラー表示が出たパソコンの異常を、正常に戻すのが仕事です。そのエラーに気づかず、放置をしてしまうと被害が拡大してしまうこともあります。「簡単な仕事内容だな!」と思うかもしれませんが、かなり責任のあるアルバイトなのです。

判断力が大切になってくる

エラー表示が出た際、どこに異常があるかを細かく表示してくれるわけではありません。エラーが出たら自らどこがおかしいのか判断する必要があります。異常部分がわかったら、自身で直せるものはそのまま作業に移ります。しかし、自分で直すのは難しい場合は専門の技術者に依頼しなければなりません。この依頼の仕事も、ネットワーク監視のアルバイトの仕事です。自分で直せるのか、それとも技術者に依頼しなければならないのかどうかを判断するために必要なのは、迅速な判断力でしょう!

集中力を保つ必要があるバイト

ネットワークは、いつエラー表示が出るか予測がつきません。朝だからエラーが出ないといった、時間帯に左右されるわけでもありません。そのため24時間ずっと、監視する必要があるんです。24時間を何人かで振り分けて担当しますが、自分の割り振りの時間帯は、常に見張っていなければなりません。トイレや食事などは、その時間帯は一切我慢。ほんの少しの時間も、目を離してはいけない作業なのです。そのため、集中力が必要になってきますね!アルバイトの作業に、常に集中して取り組まなければならないのです。

ネットワーク監視することでトラブルを未然に防止できます。主にサーバーへの異常な負担、接続できなくなる、機器が故障しスムーズな通信ができないという事態を事前に感知、部門に知らせ対応を促します。

コメントは受け付けていません。