ビットコインのこれからの可能性について考えよう

ビットコインという新しいマネー

ビットコインは全く新しい電子マネーでその価値を国が決めるのではなく、企業や個人が決めるという画期的なお金です。国の原則に縛られることなく必要な分だけ生産されて個人同士で取引されます。実際のお金と比べると利点としては応用が効きやすいことがありますが、実際のお金は価値がほぼ固定されているのに対してビットコインは価値の変動の変化が激しいことにあります。なので、株式取引のように価値の高い時に売却して現金化し、価値が低い時に沢山買うという方法をとっている人もいます。

ビットコインについて多くの人は分かってない

ビットコインは多くの人の間で怪しいものだと認知されています。その原因はやはりメデイアに登場したときのニュースがとてもネガテイブなものであったからです。取引所がつぶれてしまったというニュースは何も知らない一般人の人なら大変危険なものだと認識するでしょう。そしてビットコインは信用できないものとして言われのない中傷を受けますが、ただ取引所がつぶれただけでビットコイン自体には何の問題もなく実際に今でも価値が変わることなく取引されているのです。

ビットコインは銀行の代わりにもなる

ビットコインは銀行に代わる新しいバンクとして利用している人もいます。銀行は絶対的に信頼できるものとして認知されていますが、実際のところ預けたお金の実体は消えてただ数字が書き換わるだけです。預けている金がそのままにされているわけでなく、そのお金を使って投資などが銀行でも行われています。なので、突然銀行がつぶれるという事態もあり銀行が倒産した場合には預けたお金は当然戻ってきません。つまり銀行が絶対安心とはいえないので、ビットコインを利用する人が増えているのです。

ビットコインは仮想通貨のため、パソコンやスマホなどのネット回線を使えば世界中で決済が可能な通貨です。

コメントは受け付けていません。