知らなかった!!誹謗中傷された時に対処法とは

冷静に対応する事が大切

現在の日本ではインターネットで誹謗中傷をするケースが多発しています。誰だって自分が誹謗中傷をされている事実を知ればショックを受けるものです。しかし、ショックを受けて感情的になってしまうと冷静に対処をする事が出来ません。このような時こそ冷静でいなければいけないのです。まず、誹謗中傷されてしまった時は、冷静になって対策を考える事が大切です。今回は誹謗中傷された時の対策法について解説していきたいと思います。

法律に触れるかどうかを調べる

それでは誹謗中傷されてしまった際の対策法について解説していきたいと思います。まず最初は法律です。インターネットで誹謗中傷された場合に、それは法律に触れるのかどうかを知っておきましょう。誹謗中傷されたというケースであれば、名誉毀損や侮辱罪に該当する可能性があります。具体的にどのような法律なのかと申しますと、名誉毀損が他人に対する社会的評価を損なう事となり、侮辱罪が他人の人格を蔑視する価値判断を表示する事を指します。

サイバー犯罪窓口に相談する

先ほどは名誉毀損罪や侮辱罪について解説しました。もし、相手方を訴える意思がある場合は警察署に相談される事をお勧めします。無断で誰でも観覧する事が出来る匿名の掲示板で悪口を書いたり、事実とは異なる事を書くという行為は名誉毀損罪や侮辱罪に該当する可能性があります。現在、警察ではサイバー犯罪の取り締まりに力を入れており、全国の警察署ではサイバー犯罪窓口が開設されています。SNSや匿名掲示板で誹謗中傷された場合は、まずサイバー犯罪窓口に相談してみましょう。

逆SEOで有害な情報などを消したい場合には、実績の豊富な専門業者を選ぶことが非常に重要だといえます。

コメントは受け付けていません。